使い方

FBSアプリの機能とは?利用方法を徹底解説!

FBSでは、独自のスマホアプリが提供されています。

スマホアプリでは口座開設や入出金などの資金管理が可能となっており、外出先でもブラウザを開くことなく利用可能です。

トウシくん
トウシくん
スマホアプリは実際の取引ができるものではないので利用の際は注意してくださいね。

本記事ではそんな、FBSのアプリについて詳しく解説していきます。

FBSのアプリとは?!

FBSでは独自のスマホアプリが提供されています。

  • Andoroid
  • iPhone
  • Andoroidタブレッド
  • iPad

上記の端末で利用可能です。

検索画面に表示された「FBS – Trading Broker」というアプリになります。

類似のアプリをダウンロードしないように注意しましょう。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
iPhoneならAPPStore、AndoroidならGooglePlayで「FBS」と検索すれば出てくるよ。

FBSアプリの機能

次はFBSのアプリでできる機能を紹介します。

FBSアプリでは以下の機能が利用可能です。

  • 口座開設
  • 出金
  • サポートへの問い合わせ
  • 口座設定

主な用途はアカウント設定となります。

具体的に見ていきましょう。

新規口座開設

FBSの口座開設はPCからでもできますが、公式のアプリからも行えます。

FBSアプリを最初に開いて「登録」をタップすると、新規の口座開設が可能です。

既に口座を開設している方は、既存のログイン方法でログインができます。

書類のアップロードはスマホで簡単に撮影してできるので、口座を持っていない方はスマホアプリからの開設がおすすめです。

カワセちゃん
カワセちゃん
確かに書類の提出とか写真撮ってそのままできるね。
トウシくん
トウシくん
電話番号の認証もスマホアプリで行えば一括してできますよ。

追加口座を作る場合は、ダッシュボードの右下にある+をタップすれば簡単に作成可能です。

入出金

スマホアプリではFBS口座への入出金ができます。

入出金は以下の豊富な方法から選択可能です。

  • クレジットカード
  • 銀行入金(入金時のみ)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • PerfctMoney
  • 仮想通貨
  • BonsaiTrader

入金の場合は、ダッシュボードにある口座タイプ横の入金を選択すればできます。

アプリ上で入金作業ができるので、外出先などで口座管理したい方にお勧めです。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
出金をする場合は、口座タイプを選択した後に表示される画面から簡単に出金手続きができるんだ。

サポートへの問い合わせ

FBSではアプリ上からサポートへの問い合わせが可能です。

メニュー画面の一番右にあるチャット項目タップ→「チャットを開く」の順でチャットが開始します。

カワセちゃん
カワセちゃん
チャットの時間は決まっているの?
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
どの時間でも問い合わせはできるけど、日本語サポ―トは15時~24時まで対応しているよ。スマホから気軽に問い合わせがができるね。

口座設定

FBSのアプリでは各種口座設定もできます。

  • メールアドレス変更
  • パスワード変更
  • 生体認証設定
  • Eメール通知設定
  • プッシュ設定
  • ソーシャルメディアとの連携

これら全ては、FBSアプリの「プロフィール項目」から設定可能です。

スマホ上でほぼ全ての設定が完結するものと言っていいでしょう。

FBSアプリでは取引ができない

FBSのアプリは口座やアカウント管理の面で大変便利ですが、実際の取引はできないので注意しましょう。

取引をするにはMT4かMT5をインストールする必要があります。

アプリのダッシュボードにはMT4とMT5の項目があります。

トウシくん
トウシくん
スマホのみで取引する方はスマホ版のMT4かMT5をインストールしておいてくださいね。

FBSのアプリまとめ

FBSのスマホアプリについてまとめした。

FBSのアプリまとめ
  1. スマホアプリからの口座開設は書類のアップロードが簡単
  2. FBSの独自アプリでは口座管理ができる
  3. 実際の取引は別途MT4/MT5が必要
  4. スマホアプリからサポートへの問い合わせができる
  5. 入出金管理もスマホで一括管理可能

スマホアプリは取引こそできませんが、アカウントや口座管理を行う上で便利なツールです。

FBSで取引をする方はインストールしておいた方がいいと言えるでしょう。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
外出先で取引や管理をする人はぜひ使ってみてね。特にサポートへの問い合わせは便利だから有効活用するといいね。